HANAZONOの釜の飯

子供のころ 家には「おくどさん」があった。
そこで 釜の飯を炊き、風呂は「五右衛門」であった。
長年、釜の飯を… あの香り、あの おこげ、そして あの味。
平成11年4月。とあるリサイクルショップで…
薪で炊けそうな釜を見つけたのだった。
炊けた時の写真がこれだ。
飯も おこげも 美味しかった。

蕎麦を湯がくのに使った
燃やせば良いものでない
ご飯は薪三本で炊き上げ 蒸せた真に経済的なのだが 見守らねばならない・・これが どうなのか
こんなのが欲しかった
さる大所帯の台所にあった
子供の頃使ったものとは少し違っていたが 懐かしい
食べること 飲むこと
飲む限りは 酔うまで飲む
食は玄米と親父は言っていた酒は純米 仲間は酔っ払う自然なものに接して生きたいね
店内にはワインや酒が
酒屋なので当たり前なのだが
ソムリエの奥さんが居ます 酒飲みの店主が居ます メカやライダーが居たり テニスのコーチが居たり 時には 釣瓶さんも居たり

屋台 家貸 やたい「夢 屋台」

いつか 屋台のおやじ に成ってみたい!

いつの頃だったか 20円持って兄貴と焼き鳥を買いに行った
屋台の焼き鳥・・・当時は鳥のホルモンだったのか???
あの味が今も忘れられない。
 
屋台で一杯 熱燗か・・ 冷か・・ あの懐かしい 憧れの屋台。
親父を思い存分発揮できる気がする。
 
屋台を手に入れて 早30有余年。 なんとも 遠回りしたものだ。
 
東家 夢の助 師匠に のれんに使う文字を書いてもらいました。
俺がやりたいのは 「焼き鳥の屋台」「蕎麦屋の屋台」「関東煮の屋台」「ラーメン屋の屋台」「寿司屋の屋台」「にくてん屋の屋台」「カレー屋の屋台」 やり鯛
 
システムも考えています。
一回 5,000円で お貸しして 仲間だけを 相手に 
屋台ごっこをしてもらう 決して一般のお客さんには
売らないことを条件に 楽しんでもらう。・・・どう???
 
取り敢えず 僕が 営業します。
・・いつ・・なに屋をしているのか 確認できるように・・しないとね・・
でも 僕が・・して・・呑んで・・?? 酔っぱらっているかも可・・

 
 

鉢北スカイスポーツクラブ


いつも風を追って飛び回る面々が、この日はAOITORIに集合。丸太を組んでバーベキューデッキを棟上した。
下地は すべて尚さんが… 人の要る時 どこからともなくクラブ員が集まってくる。気の置けない不思議な仲間達。
たかが 遊び。されど 命がけ。
パラグライダーって 不思議なスポーツ。
素敵な仲間が生まれる。そんな力を秘めたスポーツ… 無理さえ無けりゃ。

鉢北エリアの蘇部岳で
タンデムの準備中
空を飛ぶ 風の道を行く 
鉢北の仲間たちは 暖かい 
飛ぶ前も 飛んでいる時も そしてなにより
飛び終わってからが たまりましぇーん
機体を広げ空へ
1000m 1500m 2000mと上げる
鉢北パラグライダースクール
僕たちの巣立ったところ 冬はもちろんスキー場
校長は ホテル青い鳥のオーナーで議員職も
山は良い 空は良い でも僕は高所恐怖症
なのに パラグライダーは 大丈夫 なぜだろう?
スクール&倶楽部でツアーに
夕食後は皆で勉強会 その後アルコール
スクール正を倶楽部の皆がサポートします
特に若い女性の場合 全員でサポート・・
テイクオフで翼を広げる瞬間
楽しい雰囲気の中にも 緊張が漂う
鉢北スカイスポーツ倶楽部名物
香住に住む仙人様と
酒飲みには キャリアが存在する
同じように飲んでたはずなのに 仙人は翌日
朝から飛んでいた 僕は 昼までその気に
成れなかった 脅威の仙人 岡山にて

故 伊藤 隆文さん

かつて明石には ボッサリオと言う素敵なジャズライブハウスがありました。
当時のメンバーで伊藤隆文さんと言う方が 平成6年に訪ねて来られて以来、HANAZONOの米蔵がライブハウス化していきました。
同業者であった伊藤さんの あの一言が無ければ、HANAZONOに「夢ライブB1」は誕生していませんでした。
僕が愛してやまない伊藤さんの音楽とお人柄は、僕の箱運営の方針に多大な教えを残してくれました。

参加された日から 貴方はミュージシャンかも
歌でも楽器持ってでも 集う親父に福来る
夢をなくさず胸の炎を燃やし続けましょう
 
「ベンチャーズセッション」
会費ワンドリンク付き  別途お食事用意できます
 
何でも1曲出来れば仲間がサポート
貴方もステージに立ちましょう
叶えよう
 
夢ライブだから
 
毎月第4土曜日 午後6時ごろから  会費1,500円

 

1曲仕上げた貴方を 感動の渦に突き落とします

HANAZONO EVENT CALENDER

イベントカレンダー